庄屋 源吉

高師小学校の西側にある円通寺の門を入ると、三つの碑がたっています。その中央、「義人庄屋源吉頌徳碑ひ」と書かれているのが、高足村庄屋源吉の碑です。
この碑は、昭和36年3月21日、高師校区の人々によってたてられました。
庄屋源吉は、宝暦2年(1752年)に高足村に生まれました。そして18才という若さで村の庄屋になりました。源吉が20才のころ、雨がほとんどふらず村は大変なきょう作になりました。そのため、農民たちは非常に苦しい生活をおくらなければなりませんでした。 源吉は吉田領内の庄屋たちと相談し、年ぐをへらしてもらうことを願い出ることにしました。源吉が役所に願い出たが、役人はこの願いを聞き入れず、それどころか「ろうに入れるぞ。」とおどしました。そのため、ほとんどの庄屋たちは願いを取り下げました。 しかし、源吉はくじけませんでした。「私は庄屋です。みなさんが困っているのをだまって見ていることはできません。」と言って、みんなが止めるのも聞かず、何度も何度も役所に願い出ました。「死けいにするぞ。」と言われても、源吉は「死をおそれてこのお願いができましょうか。」と言い切りました。そのため、源吉はとらえられ牢送りとなってしまったのです。その時の吉田藩の藩主、松平信明は、源吉のあまりの主張に役人を使い稲のでき具合などを調べさせ、年貢138石をへらすことにしました。
 しかし役所の命令を聞かなかった源吉は、死けいにされることが決まってしまいました。 村人たちは、自分たちのためにここまでしてくれた源吉の命を救おうと、多くの寺のおしょうたちに必死でたのみこみ、助けてくれるように願い出ました。そのかいあって、5年の後、源吉は死けいをまぬがれることになりました。しかし5年もの長い間牢屋ぐらしをしていたため、病気になってしまいました。そして安永4年(1775年)2月2日、25才の若さでなくなってしまったのです。
その後、村人は源吉の徳をたたえ、円通寺で毎年7月1日に施餓鬼供養をいとなむようになったと言われています。源吉の墓は、ひっそりとたっています。